これまでのDuty Freeから、自由になろう。

陰と陽。裏と表。柔と剛。無と有。弱と強。相反する二つが互いに互いを引き立て合うことで、世界は成り立っている。よく知られたその思想が、この免税店には強く息づいている。

銀座三越の8階という都会のスペースは、風や森などの自然をモチーフにした内装が施され、海外ブランドの品々と日本中から集められた伝統工芸品たちが静かに調和しながら、そこにある。

目に見える物を扱いながら、目に見えない、人をもてなす気持ちを、何より大切にしている。Japan Duty Free GINZA

銀座四丁目の交差点で、これまでの免税店を引き継いだ面とこれまでの免税店にはなかった面とが交ざり合い、そして高め合い、これまでになかった免税店ができた。

この空間を表現するための言葉はなんだろう。新しい。でも、その中には、伝統が見え隠れする。華やか。でも、質素な美しさも同時に存在する。

正確な言葉で表現できないこの免税店は、見て、聞いて、嗅いで、触れて、味わって、感じてもらうしかない。